大企業10年目社員の月額給与を公開。基本給・残業時間・税金などの内訳も。

大企業10年目社員の月額給与を公開

まず大企業の定義ですが、いろいろな解釈があると思いますので、ここでは日経平均株価などにも利用される日経225に選出されている企業とします。そしてその社員である私の10年目頃の実際の月額給与を公開します。

私のことなんてどうでもよいでしょうが、就活をしている大学生や、転職を検討している方にとっては実際どの程度もらえるのかは関心があるのではないでしょうか?

四季報などでも企業の平均年収〇〇万円という情報は入手できますが、職種・年数・残業時間などを考慮したリアルな数字はわからないものです。

この記事の内容

就活生転職検討者の参考となるよう、

  •  大企業10年目社員の残業代・税金を含む月額給与を公開(大卒、総合職)
  •  国税庁調査の内容と比較した考察

について記載しています。

残業代・税金も含めて記載した理由は、残業の有無によって支給額が増減するため就職先/転職先の残業時間と比較してイメージ(計算)をしやすいようにということと、支給額に応じて税金も増えていくので実際に手元に残るお金をイメージしやすいように記載しています。

では、実際の金額について記載します。

基本給 420,000
残業代
(残業時間:45時間)
150,000
支給額(給与) 570,000
税金・保険
(雇用保険、健康保険、厚生年金、所得税、住民税)
– 136,000
差引支給額(手取り) 434,000

日本人の平均給与はどのくらい?

国税庁の民間給与実態統計調査(令和元年9月発行)(https://www.nta.go.jp/index.htm)からみると、平均の月額給与は約31万円。(平均年齢:46.4歳、平均勤続年数:12.2年)のようです。

また本調査には、企業規模別の平均給与も掲載されており、平均の月額給与を見てみると以下の表のような調査結果のようです。

企業規模(資本金) 平均月給 平均年齢 平均勤続年数

2,000万円未満

290,583 円 47.7 10.7
2,000万円以上

5,000万円未満
298,333 円 46.7 11.8
5,000万円以上

      1億円未満
291,583 円 45.1 10.9
1億円以上

     10億円未満
315,583 円 43.7 11.7

     10億円以上

394,583 円 43.6 14.7
合計 309,166 円 46.4 12.2

この結果からも大企業(資本金10億円以上)の社員の給与の方が多いことが分かります。そしてその差は、約10万4000円。
ありがたいことに大企業の数値と比較しても、私の支給額が平均を上回っている要因は、以下の2点と考えています。

  1.  総合職採用であること
  2.  業界による変動

上記の統計結果は、その企業で勤務している社員の平均をとったもののため、非正規・一般社員・総合職社員が混在した平均として算出されています。そのため、正規の総合職の場合は平均より上側となりやすいことは想像できるでしょう。

2つ目の理由については、コンサルティング業界だと平均年収995万円や、同じメーカー系でも半導体は平均年収711万円・金属は平均年収606万円、農林水産業界だと平均年収581万円など業界による年収のバラツキがあるためです。

まとめ

私の業界などは伏せさせていただきますが、大企業の方が年収が多い業界によって年収のバラツキがあることは理解いただけたと思います。
そして、大卒・大企業・総合職・10年目のリアルな月額給与給与:約57万円、手取り:約43万円)から〇〇に就職したら、〇〇に転職したら、、、というイメージもできたと思います。

就活生/転職検討中の方へ
  • 就活生の方へ : 業界・企業規模によってこんなにも条件が異なります。自分の検討企業・業界をもう一度見直してみては?
    ただ、決めたなら腹をくくって数年頑張ってみましょう!それでもダメなら今の世の中は昔より転職に対する許容度も上がってきているので手段の1つとして一考することも手です。

  • 転職を検討中の方へ : 私の会社でもまだまだ技術者を募集していますし、実際中途で入社してきている人も多くいます。スキル/技術/ポテンシャルをお持ちの方は、今の会社で苦しく頑張り続けるより、会社を変えるだけで一気に年収が上がることもあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください